自己紹介

僕は今はフリーランスでWEB制作をしています。

フリーランスなので、私を指名してお仕事を頂けたらとても嬉しいです。

そのためには自分がどんな人間であるかを説明する必要があると思い、このようなページを作りました。

 

幼稚園の頃は一人で遊ぶことが好きでスポーツや鬼ごっこは苦手でした。(多分苦痛とすら感じていたと思います)

オリジナルストーリーを作って、ウルトラマンの人形やぬいぐるみを使ったお人形遊びをひたすらやっていました。

小学生になると、いろんな遊びをするようになりました。

ミニ四駆など。

ドッジボールが盛んな小学校だったのでよくドッジボールで遊んでいました。

特に、テレビゲームが家に来たのでそれで遊んでいました。

マリオ、ドラクエ、ドンキーコングなどをやっていました。

でも小学生のうちにクリアしたソフトは一つもありませんでした。

ゲームは周りの人と比べて得意ではありませんでした。でもずっとやっていました。

一つのことに夢中になったことはないように記憶しています。

友達と遊ぶことは楽しかったけど、一人で遊ぶ時間も多かったと記憶してます。

小学校4年の秋に転校をして、コミュニティが変わりました。

新しい小学校の友達とはたくさん遊んだりしましたが、前の小学校の友達ほどは仲良くはならなかったです。

中学受験を親から勧められていたので中学受験をすることを決め、塾に通うことになりました。

この頃に、自分は算数・理科が得意で国語・社会が苦手だと認識していました。

中学校は私立の学校でした。

多種多様な人たちで面白かったです。

ただ仲良くなろうとしなかったのか、あまり友達はできませんでした。

 

中学1年からソフトテニスの部活動を始めました。

この部活は最初はみんな始めたばかりで楽しかったですが、実力に差ができて来ると実力によって偉さが変わって来ると思ってしまったのであまり面白くなかった部分もありました。

 

学力はクラスの中では真ん中くらいでした。

私立なので、同じクラスの人たちは家が遠い人ばかりでした。(横浜の人から小田原の人までいました)

みんな学校帰りに寄り道して遊んでいるようでした。

自分は部活が週5〜6くらいだったのもあり、ほとんど遊びませんでした。

学校いって、勉強して、部活をして、家でゲームをする、というような生活をしていた記憶があります。

 

自分は部活とゲームが好きなんだと認識していました。

 

高校生になってからも同じような生活をしていました。

 

今考えたら、もっと自分の興味あることをやっていればよかったと思います。

 

高校生になってからは数学と化学が得意だとはっきりわかり、理系の大学の中でも化学の学部に進もうと決めました。

模試ではmarchのあたりの大学なら受かるような判定でした。

偏差値と化学の学部ということでしか大学を選んでいなかったし、大学に行く目的も深く考えていませんでした。

大学ではソフトテニス部があったので安易に入部してしまいました。

もっと興味のある分野の活動はあったはずだし、ソフトテニスを中学・高校と続けてきて結果を残せていなかったのになぜ選んだのか。

 

大学の部活はお金がかかったので、1年間でやめました。

アルバイトに興味があったのでバイトを始めることにしました。

飲食店やコンビニのバイトを受けましたが落ちました。

塾講師のバイトに受かったので始めました。

 

大学を卒業してから6年間、潤滑油の分析会社に勤めました。

その会社に在籍中に色々な活動をし、自分の価値観が良くも悪くも変わりました。

そんな中あるIT研究者を知り、その人とITに憧れるようになりました。

そこでIT関係の会社に転職し、今はフリーランスで働いています。

(今後も加筆予定です。。。)